薄毛の治療

薄毛治療は時代と共に進化しています。育毛剤などは30年以上前から販売されていますが、昔の育毛剤はただ血行を良くしたり、頭皮に潤いを与えたりするだけのものでした。しかし、今販売されている育毛剤は血行拡張成分が入っていて血管を広げて血液や酸素を頭皮に流れやすくする効果があります。 また、男性用の育毛剤には男性ホルモンを抑える成分が入っていたり、女性用の育毛剤には女性ホルモンと似た成分が入っていたり、頭皮に塗ることによってホルモンをコントロールする効果がある成分も配合されています。 昔はただ気休め程度にしかならなかった育毛剤ですが、今の育毛剤はとても薄毛治療の効果が高いのです。そしてこれからも新しい育毛成分が配合された育毛剤がどんどん誕生していくと思います。

育毛剤や育毛シャンプーを使用して自分で薄毛治療をすると決めたら、長期戦になる覚悟が必要です。これは医療機関で治療を受けていても同じことですが、薄毛治療というのはとても時間がかかるのです。なぜなら毛髪には「ヘアサイクル」というのがあって、髪の毛が生えてくるまでに時間がかかるからです。 効かないからとってすぐに新しい育毛剤に替えたり、あるいは使用を中止したりすると、それまで使用した分が無駄になります。最低でも3ヵ月は頑張って毎日使用することが大切です。育毛剤は1日2回朝と夜が基本です。途切れないようにまとめ買いをしておくと便利です。3ヵ月以上使用しても抜け毛の改善が見られない場合は使用を中止して医療機関に相談に行くことをお勧めします。